昨日平成、今日令和!

0

     一夜明けて!今日から令和!!今日は、昨日の続きなのに

    何となく新鮮な気持ちになる。改めて新元号の抱負を述べたくなるが、

    1月に述べたので、やめておこう。

     移住促進!松山市で初の取り組み「体験滞在型交流施設」の運営。

    元号を跨いで3年目!結果が評価される年である。

    とは言っても、我がハイムの管理組合は、粛々と昨日の続きの活動を

    実践していくのみである。平成31年の抱負は、令和元年の抱負!

    「興居島に体験移住された皆様」の居心地をよくし、興居島を好きに

    なって頂き、興居島に住んで頂く!このことに尽きます・・・。

     我がことながら・・・・

    戦争・敗戦・復興・栄華の昭和時代。敗戦濃くなった18年満州に生まれ

    色んな国の人にいじめられながら、この興居島に引き上げてきた。

    よく生きて日本へ帰れたものとつくづく皆さんに感謝するものです。

    大阪の会社に就職して、働いたの何のって!いわゆる「企業戦士」の時代!

    パワハラ!セクハラ!何のその!何せ人間が国中溢れている。

    代わりの労働者なんてなんぼでもおる!ガンばりゃいいこともあったよ!

     その人が減った平成時代。大事に子供を育てよう!教育も、世の主張も

    大いに変わった!昭和の栄華が維持されることなく枯れ、再び芽が出始めたか!

    令和では、是非順調に育ってほしいとつくづく思う。

    一極集中から地方創生へ!各地方で人材の取り合い合戦が繰り広げられている。

     言うまでもなく、松山もそう!魅力を大いに振りまき、人を呼び込む!

    「松山はエエとこぞなもし!」「そして興居島も」・・・きょうは書ききれません!

    老人の戯言でした・・・ではまた

     


    平成最後のハイム便り!

    0

       平成最後の4月、花見時そしてハイムの便りです!

      新しい入居者がありました。今年度の活動の始まりです。

      滞在・体験1年目1人、2年目2人、3年目5家族(9人)

      総勢12人です。

       3年目の方々は、概ね島に溶け込み、2年目の方々は、島になじみ始め

      1年目の方は、夢と不安とが交差しているのでしょう。

       管理組合の活動としては、開設当初と比べ、多様な活動を余儀なくされて

      います。それぞれの体験具合によって、アシストする内容が異なってくる

      から・・・・!さりとて、ハイムの一体感は必要であると思えるし・・・!

      まずは腕の見せどころかな!

       平成でお1人定住していただき、令和2年に定住か否かを決断される方々が

      5家族9人。逡巡を重ねているのでしょう。良きアシストができると「いい

      ナア」勿論管理組合の目標は100%ですけどネ!

       新年号、「令和元年」はハイムにとって良くも悪くも複雑な気持ちが交差する

      年となるのでしょう!

       良きことを記念する令和元年になりますよう神に祈りたい気持ちです。

      ともすれば、枯れる我がエネルギーの残量を気にしながら、模索模索の

      毎日なのです。・・・では又・・


      ハイムに三度目の春が!

      0

         しだれ梅がすっかり散り、メダカ池の住人が顔を出し始め

        野には土筆が!たんぽぽが!そして虫までも顔を出す!

        啓蟄!(虫には悪いがこの言葉がきらいです)春です!!

         ハイムの農園では、玉ねぎが太りだし、ジャガイモが

        芽を吹いています。葉物野菜は、これからが大変!そう!

        虫との戦いです。薬剤散布をすれば簡単なのですがネエ・・・。

        無農薬野菜をつくるのは、この季節困難を極めます。どうしても

        穴あき野菜を作る羽目に・・・・。自分で食べるのは良し!としても

        他人様に差し上げるのはさすがに気が引けます。

        虫も食べるのだから、人間にも安全なの・・・・!「そうはいかない!」

         島への移住者第一号の方が、2月末に引っ越されました。送別を兼ねた

        例会は、大いに盛り上がりましたが、やはり寂しそうなところも・・・。

        「移住先のご近所の皆様方!親切にしてあげて!」と祈るばかりです。

         4月から新しい方をお迎えします。8世帯満杯の状態で新年度を迎え

        られることは大変喜ばしいことです。新たな希望が湧いてきます。

        春の陽気誘われて、花見酒に酔いしれてひと時の桃源郷に浸るのも

        一興なれど、我が管理組合そんなことはしておれん!心新たに

        76歳のエネルギーを絞り出し、が・ん・ば・る・・・ではまた

         


        水ぬるむメダカも土筆も動きだし

        0
           2月もとうとう終わりに近づいています。 そろそろ三寒四温と言われる時期ですネエ!今年は氷も張らず、 雪も降らず、比較的暖かい冬だったのかナア。ハイムの小さなメダカ池では 無事越冬を耐えたメダカが数匹顔を出しています。野のひだまりでは、気の早い 土筆が、顔を出しています。いよいよ春か!人も生き物も草木も、活動の季節が やってくる。  ハイムの共同園では、桜草が満開!じゃがいもの芽が顔を出し、満開のしだれ梅が 通りがかりの老人の足を停める。  ハイム卒業生?が永住の旅に出て行かれる!うれしいような!ちょっと寂しいような・・・ わずか1年弱の体験で、よくぞ決心下さった!!謝謝! ご近所の方々の温かい歓迎を心から期待するものです。管理組合として、しばらくは じっと見守っていきたいと思っています。「頑張れ!ハイムの卒業生!」 そして「ハイムOB会最初の会員」OB会会員が10名以上になると、賑やかで エエぞなモシ!。それまで生きてるかナア!  76歳管理人、残り僅かなエネルギーを最低あと1年絞り出そうと、決心新たに したところです。がんばれ!老人!・・・では又

          ハイムに春の気配!

          0

             1月があっという間に過ぎ、早や2月!しだれ梅の蕾がいつの間にか

            膨らんでいます。そうしてもうすぐ立春!春がそこまで来て時間待ちして

            います。 

             豪雨災害の傷跡も、まだあっちこっちに見られる興居島ですが、島民の

            心は、復旧工事が徐々に進むにつれ前向きになっているようです。何事も

            問題は、時間が殆ど解決してくれます。特に人間の心の回復には

            時間が必要ですねエ!

             ハイムでは、ここ数日寒いので、農作業もままならないようですが、

            それでも、大根、はくさい、ホウレンソウ等の冬野菜は、食べ頃となって

            います。玉ねぎの育ちも順調です。又、共同園では、桜草が寒さにも負けず

            咲き始めました。めだかは、藻の中に引っ込んで姿を見せません。

            そして明るい話題も!・・・!島に永住を決心してくれれた家族が!!

            2家族!島人の仲間入りをしようと頑張ってくれました。謝謝・・・!!

             管理組合としては、永住される方にもしばらくは、フォローして行く必要

            があるなアと思っています。頑張ります・・・!

             1月は居ぬ、2月は逃げる、3月は去る・・と言われます。逃げる2月の短い

            日々を大切に過ごしたいと思います。島は、伊予柑を満載したトラックが

            往来しており、島人のエネルギーを感じる時期です。頑張っていれば自然に

            暖かくなってくるでしょう!

             寒い日が続き、インフルエンザが島を訪れています。超高齢化の島に

            何と物好きな!インフルエンザと猪は訪問無用に願いたいものです。

             春はすぐそこに!・・・ではまた!

             


            明けましておめでとうございます。

            0


               あけおめ!(最近の流行をまねてみました!)

              亥年の新年に想う。

               第一期体験者の皆様にとって体験生活最後の年です。はや3年目を迎えよう

              としています。野菜作りの体験は大方の方は体験されようです。

              中には、百姓顔負けの野菜を収穫される方もおられ、夫々こだわりの野菜を

              作って楽しんでおられるようです。

               島の行事にも全て参加され、島人との日常のふれあいや、交流も深くなり、

              島での職を得て、生活のプランを立てておられる方もあります。島の風土にも

              概ね慣れたようで、島独特の自然災害まで体験されました。

               さて、田舎暮らしを満喫されるのはOKなのですが、永住となると又別の話!

              のようです。都会生活と異なる負の部分がどうしても受け入れられない方や、

              住み慣れた(いわば故郷)所を引き払い、新しい所に骨を埋められるか?逡巡

              !・・・。

               管理組合としては、今年は、自然体で取り組もうと思っています。

              初年度は、残って貰おう!島を好きになって貰おう!の意識が強すぎて

              必要以上に関わり続けたきらいがあります。体験者の皆様に過度の

              プレッシャーを与えたような気がしています。皆さんの意向に沿って、この1年

              活動して行こうと思います。島に残って頂く!ことを諦めているわけでは

              決してありませんよ!

               今年は亥年!檻の中の蜜柑づくりが常識化されて来ています。

              そろそろ猪と人口がヒフティーヒフティーになろうとしている我が興居島!

              何かいい方法はないものなのでしょうかねエ!そして私は76歳!・・・

              ではまた

               


              ハイムインゼルごごしま2度目の師走

              0

                 30年ももはや師走!あっという間に戌年が過ぎ去ろうとしています。

                来年は亥年!子宝に恵まれ繁栄の象徴のはずだが!ここ興居島は言うに及ばず

                忽那諸島は猪被害に、大変困っている!少子高齢化の島々に猪の大発生!

                来年も人間と猪の大戦争になりそう!

                 ところでハイムでは、2年目を終わろうとしている方々5家族と

                1年目の3家族の居住者にとって興居島の居心地はどうだったんだろうと

                気になるところ…。都会暮らしと違ってナイナイづくしの田舎暮らしに

                打ち勝つだけのエエところはあったんだろうかと、いささか心配しています。

                予想と現実のギャップは人生には付き物のはず!何とかこれをクリアー

                して欲しいとつくづく想うのです。

                 管理組合の皆様を受け入れる活動には、どうしても限界があり、

                そんなにかゆいところに手が届く訳ではありませんが、

                これでも初めての活動であり、試行錯誤しながらも努力をしている

                つもりなのですがネエ・・・!

                今年の活動に何が不足していたのか懸命に考えているこの頃です。

                 先生も走る慌ただしいこの時期、島は柑橘の収穫で百姓が走り

                回っています。大変いい傾向です!残り少ない戌年をチョット

                考える時間にあててみようか!多忙なお百姓さんには悪いけど!

                 それにしても、来年はひとつ歳をとるなア!いややなア・・・

                ではまた・・・


                収穫祭お礼!

                0

                   去る11月10日(土)ハイムインゼルの収穫祭を実施しました。

                  一般来客142名、スタッフ等含めて総勢194名の方々に参加頂きました。

                  3回目の収穫祭でありましたが、今回が1番多く参加を得て、関係者一同うれし涙!

                   販売ブースでは、伊予柑マドレーヌ、野菜、蜜柑、リンゴ、干し柿等、すべて完売!

                  人気のハイム特産?ふかしたさつまいもは品不足、カレーに至っては、米を買いに走る始末!

                  でした。仕上げは、お楽しみ抽選会!有志の方々が、釣り上げたアオリイカ等の賞品提供があり、

                  豪華賞品を手にした方々、残念賞に苦笑いする方々、悲喜こもごもの・・・でも和気あいあいと楽しい

                  抽選会でした。

                   本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。また、計画から準備、後片付けに

                  至るまで、関係者の皆様!本当にお疲れ様でした。

                   特筆すべきは、松山北高校生による、「興居島検定」のブースでありました。

                  参加者は若干の戸惑いを見せながらも、若い子らの熱のこもった説明にうなずき、老眼をしばたかせながら

                  「興居島検定」に取り組んでいました。何よりも若いエネルギーと接することが、ものすごく「嬉しかった」

                  ようです。サービスに頂いた、北校愛のこもったクッキーも評判で、非常に美味しかったです!

                  松山北高校生の皆さん!ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!

                   というわけで、楽しい1日でありました。苦労の後に喜びがあると疲れなどは吹っ飛んでしまいます!

                  コレ!人生の教訓ですなア・・・もうすぐ師走!1年が終わろうとしています。・・・ではまた!


                  ハイムインゼル収穫祭で盛り上げよう!

                  0

                     早くも11月!豪雨や猛暑や台風やら、神様の粋な?計らいで

                    人間は大変な苦労を味わいました。やっと気分も落ち着き、被害にもめげず

                    蜜柑の収穫時期です。崩落のあった畑から生き残った蜜柑の木は、けなげにも

                    おいしい果実を実らせました。甘くておいしい蜜柑!ちょっと今年は器量が悪い

                    けれど、中身は愛がこもっている!是非ご賞味あれ!

                     そしてハイムインゼルでは、来る10日(土)11時から収穫祭をやります。

                    今年の天候のおかげであまり野菜が獲れなかったのですが、それでも共同園で獲れた

                    さつまいもや、居住者のねぎなど、ヘチマの束子も!ちょっと変わったところで

                    白い茄も!いろいろ出す予定です!又、恒例のスタッフが作るカレー、伊予柑ケーキ

                    など・・・抽選会で豪華賞品?も・・・

                     今年は、ひょんなことから知り合いになった松山北高生のブースもあり、何やら

                    楽しいことを考えてくれている様子!

                     災害でシュンとなった島の雰囲気をできるだけ盛り上げようと、恐れ多いことながら

                    考えているのです。島の内外を問わずたくさん来ていただくと嬉しいナア!

                     入場料金500円(カレー代)野菜等は相場の半値!少しジャラ銭をお持ち頂き

                    是非お越しください!・・・今回は切なるお願いをしました。

                    ではまた・・・。


                    24号台風一過!又も石鎚ハンのおかげ!

                    0

                       24号台風一過!愛媛の人達(特に瀬戸内の人達)にとっては、南方から

                      襲ってくる悪しき風は、石鎚山が受けてくれて方向を東の方へ変えてくれる。

                      まさに石鎚ハンのおかげ!と改めて石鎚山に手を合わす!石鎚山信仰の賜物なり!

                      お陰様で、大きな被害はなかったようです。他県の方々には非常に悪いが、許して下さい!

                      (前回のブログで台風の号数を間違えていました。21号に訂正します。)

                      それにしても今年は、自然界からの人間に対する試練が多いこと!猛暑・豪雨・強風・干ばつ等々

                      一体神は何を思し召されるのでしょうか?

                      ハイムインゼルでの体験者の皆様にとっては、島ならでの自然災害体験を十分にされました。

                      島が孤立する!島民にとっては慣れているとはいえ、一番不安なことです。わずか一年の間に

                      これを体験できたのですから、幸運と言うかなんと表現するか・・・。

                      想定外の体験ではあったでしょうが、今日からは、想定内として日常生活に溶け込むことでしょう。

                       来月10日の「収穫祭」に向けて、何をしようかワクワクしながらも、いろんな心配をする日々が

                      続きます。(楽しい心配ですけどネッ!)・・・ではまた!



                      logo

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                      archives

                      links

                      profile

                      書いた記事数:34 最後に更新した日:2019/05/01

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM