逃げる如月!何から逃げる?

0

     早くも如月!令和の元旦!何となく短かったような気がします。そして如月!

    寒い冬から逃げるが如く過ぎて行く。2月は一年の内で何となく目立たない月の

    ような想いがあります。しかしよくよく考えてみると、節分があり、立春で春の

    訪れを感じたり、建国記念日があり、今年から天皇誕生日があり、2月もなかなか

    存在感がある月ではあるなア!それに今年は1日多い「うるう年」4年に1回の

    主張を2月がしよる!・・・アホなこと考えんとハイムのことを!・・・

     1月に3年目の体験者のお一人が退去され、残りの3世帯の方と施設長の見送りで

    故郷へ引き上げられました。比較的あっさりとした別れでありました。感慨に浸って

    ばかりでなく次へ進んでいかねばなりませんものネエ!5軒空き家となったハイムは

    非常に寂しいものです。夜は、灯かりが少なく街灯の灯かりのみが目立っています。

    「早く来い来い新しい方々!興居島はエエとこぞなモシ!」・・・実は!この月の中頃

    東京から新しい方が入居されます!!イェーイ!2月はエエ月やんか!

    ・・・・・老人の戯言・・・・・

     またまた縁起でもないことを聞いていただくことに・・・。

    冥途、冥土、あの世、天国、地獄、極楽浄土、等々・・・これは存在するかしないか?

    又ショウもないこと言いよる!「そんなもんあるかいな!」「死んだら焼いて灰になる

    んや」「体は灰になってもこの気持ちは焼かれへんでエ」・・・テェのが究極の疑問なんや!

    そこで人間(宗教家か?)考えだしたのが「この世」と「あの世」違うかと思いますネン。

     人種、宗教の違いはあっても、この考え方は変わってないネエ。死ぬことの怖さの「緩和方法」

    として考え出した法則を信じるかどうかは人夫々やけど、死んだら「あの世」出来得れば、天国や

    極楽へ行きたいと思うとる人が多いのと違うんやろか!「死んだら神になる!」「神は偉大なり!」

    言うて自爆するのは問題やけど・・・私はあの世を信じてますネン!あの世へ行ったら是非「行きたい

    とこ」がありますネン!それは次の機会に・・・では又


    令和初の元旦!ハイム一期生卒業!!

    0

       令和2年! 明けましておめでとうございます!

      ハイム運営開始以来3年目を終えようとしています。過ぎてみれば

      早いものです。思い起こせば8家族15人でのスタートでありましたが、

      途中いろいろあって、途中退出者があったり、新入居者があったり・・・

      その都度、落ち込んだり、気合を入れ直したり・・・この種の事業の困難さを

      身をもって感じさせられた3年でありました。そして今!最後の3所帯5人を

      送り出そうとしています。内、2所帯は島への永住を固めて頂き、1所帯は

      残念ながら、故郷へ帰られるようです。・・・感慨に浸っている場合じゃありませんよねェ!

      早速公募を開始して、早く施設を満杯にして!次へと進む必要があります。

       日本全体が人口減少している中で、人材の取り合いっこ合戦に名乗りを上げた以上、

      こんな小さな島とは言え、存在感を示さないかんぞなと改めて思うとるところです。

      76歳もう少しだけ頑張ってみるか・・・(年寄りの冷や水にもなりかねんがナ・・・)

      ・・・・老人の戯言・・・・・

       寿命予測!このコーナーで少し紹介したことがありますが、機械の寿命予測ではなく、

      人間の寿命予測について、鍵?を握っているのは医者か?寿命を予測された人間は、以降

      どのように過ごせばよいか。これを考えるのは宗教家?

      この世が現世なら、あの世もあるんか?冥途とやらのあの世が・・・

      数多くの葬儀に参列しているが、お別れの際に必ず聞く言葉があるよなア?

      「エエとこ行きや・・・」人間は「魂は死なず、行くところがあるんや!」・・・と信じな

      死ぬことが恐ろしい!・・・死んだら一体どこへ行くんやろ?・・・アアいらいらする!

      まだまだ死ねんなあ・・・では又・・ 


      ハイムで最後の冬

      0

        お休み中の施設長に代わり、当施設住民のHです。

         

        ここでの生活も3年目になり、当施設使用契約満了が近づいてきました。

        最後の冬となります。

        この施設により私達の島生活が始まりました。

        正直最初は不安でこの先どうなるかと思ってましたが、仕事にも恵まれ

        いろんな方との出会いを経て現在に至ります。

         

        この島は離島でして、

        不便なところはたくさんあります。

        でも島の良いとこだけ見て生活しようと決めてました。

        良いとこがたくさんあります。

        以前の生活では日々ストレスを感じてたのですが、

        ここでの生活はそれがなくなりました。

        それが一番かな..

         

        来年の春

        この場所を離れ、島内の新たな家での島生活が始まります。

        正直ここを離れるのは寂しいのですが...

        施設長のおかげで

        今後新しい場所で島民となれる事を感謝してますし、喜んで頂けると思ってます。

        ぜひこの施設の旅立ちのときは

        笑顔で私達を送ってくださいね。

         


        ハイム収穫祭盛会裏に!そして師走!!

        0

           ハイム収穫祭133名の入場者!(チケット購入者)スタッフ等全て

          含んで180名前後の人々で賑わいました。入居者の皆さんは、主に野菜の

          販売、女性はカレーのお接待でした。伊予柑マドレーヌ、ハイムサンドケーキ

          蜜柑の詰め放題、朝獲れ野菜、柿、芋全て完売でしたヨ!何せ安い!

           中でも興居島でお馴染みになった松山北校生の大活躍で、盛り上げてくれたのが

          大きかったネエ!北校生の若いエネルギーに感謝感謝!です。ハイム一期生の収穫祭は

          これがラスト!いよいよ島に残るか、去るか!の決めどころ!厳しいナア!そして3年は

          短いナア!興居島の港から手を振って「さよなら」するのは、寂しいものヨ!できるだけ

          やりたくないなア!

           早くも師走!またまた反省の日々を過ごすことになるのでしょうか!

          ・・・・・老人の戯言・・・・・

           また寿命に話・・・。急に寿命がつきるのと、予め通告されるのと、どちらがエエのンやろ?

          急に尽きると、し残したことが仰山あるようで、みんなに迷惑がかかるんかナア!そういうたかて、

          後何年と言われても、毎日せわしのうてやっとられへんなア!まあワイらみたいな凡人は、

          一生かかってやれることは、知れてるもんやと思うと、そうそう「やり残すことに」クヨクヨ

          せんでもエエのんとちがうか!そう思うと気イ軽なるわな!

           別にノーベル賞もらうようなことしてるわけやないモンナ! 

          し残すことよりも、人との別れがつらいわなア!寂しいわナア!今楽しく笑いながら

          冗談口叩いてるのに、それがなくなると思うと寂しくも、悲しくもなるわナア!

           長生きする言うても限度があるから、そしてある意味急に別れがやって来るのが常やから、

          できるだけ笑うて、喧嘩せんと、穏やかに、楽しく、美しく?過ごすのが、エエのんかいナア!

          何や人生の最後って「アホみたいやなあ」77歳にもなってまだこんなことを考えるか!

          ・・・ではまた機会があれば・・・


          カレンダー残り2枚!秋深し!

          0

             いつの間にか11月!台風の来襲も遠のく季節、秋いよいよ深し!

            ハイムの居住者現在5家族、8人!

            3軒の空き家は、入居者を待っている。・・・現在応募中なり!!

             今月は、16日にハイムの収穫祭を計画している。例年通り、ハイムで

            獲れた野菜に、島の蜜柑、変わったところでホテイアオイ(水草)、ヘチマ束子

            サツマイモ、カレーライス、伊予柑ケーキ等々、多彩に物販を計画しているよ!

             入場料は500円!(カレーライス1杯と抽選券付)物販の他に、サツマイモ

            や落花生の収穫体験も用意しているよ!物販品は、市価の半値!!(と思う・・・)

            たくさん来てほしいものです。例年30分で売り切れ(基本的に品物が少ない)

            です。(カレーライスは、大体120名分を用意しているけど・・・)

             11時から開場14時ぐらいまで・・・秋のひと時を楽しんで頂ければ

            これ幸い!居住者ならびにスタッフ一同お待ちしております!!

            ・・・・・老人の戯言・・・・・

             人間のつくった物にはすべて耐用年数があります。人間が使うものやから

            もっと長持ちするよう作ったらイイと思いませんか?これには深ーイ訳が

            どうもあるらしい。あまり長持ちすると儲からへん!もっと便利なものを欲しがる!

            ボロになったらいや!格好悪い!手入れするんが嫌!・・・まだまだあるでエ!

            てなわけで、いろいろ考えて耐用年数が決まってるらしい。

             神がおつくりになった動物の寿命はどうや!人間の場合はどうも100年が

            限界らしいな。どなしたら100まで生きれるんやろ?神がお作りになったんやから

            神さんが決めるんやろか!おせてほしいナア!

             ところで、又北の方からロケットを打ちよったようやけど、何考えてやんのやろか!

            神さん!どう思うてまっか!・・・ではまた!

             


             


            早生みかん色づく!そして祭りの季節なり!

            0

               島は早生蜜柑が色づき、奉納の幟が秋風にはためいている。

              待ちに待った「祭りだ」まつりだ「マッリだ」!何となく心がはずむ!

              比較的年いった元気な若者が担ぐ神輿をみるのが楽しみである。

              年寄りには「大いに元気をもらえる」ホンにィィ季節ぞなモシ!

               ところでハイムは、お二人が退去されました。居住者の皆さんの

              心づくしの料理で、ささやかなお別れ会を行いました。

              お二方は、寂しそうでしたが、それでも笑顔で別れを惜しんでおられました。

              「又島へきてネ!」精いっぱいの別れの言葉です。施設長無力なり!

              今は只、空き室を点検しながら、入居された当時を思い起こしているところ。

              前向きに!次の新しい入居者に期待して・・・!

              ・・・・・老人の戯言・・・・・

               最近年齢の近い友人が相次いで倒れます。だんだん身近に迫っているのを

              ヒシヒシと感じています。「閻魔庁への緊急電話」をかけたくなります。

              「まだ呼ぶには、及ばず!」・・・とね!

               令和の世になってから、あまりィィ世の中になったとは感じられず、このまま

              では、この世を離れるわけにはいきませんよネェ!

              過疎化(子供がおらん!)人口減少!異常気象!気候変動!お隣の国との際限の

              ない泥仕合!猪の増加!!アア・・ア!人の心もささくれ立ってくるわナア

              こんな世の中ほっといて、あの世へ逃げたらアカンわナア!

               取敢えず祭りで・・・チョットだけでも鬱憤を晴らそう!

              明日は「健康診断」・・・神様!仏様!どうかもう少し元気でこの世に居らして

              やってもらえまへんか!・・・・・ではまた・・・


               


              長月の入り!暑魔の力僅かに衰えたり!いよいよ秋かア!!

              0

                 朝夕は大分しのぎやすくなりました。

                クーラーの稼働時間が 少なくなりましたネエ。

                やっと畑仕事が楽になりました。雑草まみれの 畑で、

                頑張っているハイムの住人の皆様!ご苦労様です。

                 またまたハイムでの悲しいニュース! 滞在期間1年チョット(ハイム二期生)

                の内、二家族が9月に退去することになりました。理由はいろいろ・・・

                ただ興居島が嫌いになった訳じゃないことが僅かな救いです。

                施設長として力の及ばないことに、悲しくもあり、寂しくもあり・・・

                気持ちの立て直しに時間がかかりそうです。急遽応募をしなくっちゃ・・・ネ!

                選考の方法を変える必要があるのかなあ・・・・。

                 実りをもたらす秋は好きな季節ではあるのですが、太陽が南の方へ離れてゆく

                何となくしばしの別れのようなそんな季節にも感じられて・・・ネ

                せっかく仲良くなったと言うのに・・・年寄りの愚痴になっていますネエ

                ・・・老人の戯言・・・

                 チョット今回は宗教めいた神仏の話・・・人間は現世での仕事を終えると(死ぬと)

                あの世とやらへ行くらしい。これ世界の共通した認識のようです。

                西洋では、みな神になるようですが、東洋では地獄と極楽があって現世での行いに

                よって、仕分けされるのが一般的です。「閻魔庁!」閻魔庁の長官の、お考えで

                地獄行か極楽行どちらかの切符が渡されるらしい・・・人づてによると・・・

                選考の規定は、エエことしたことと、悪いことしたことの差引で、やってるとか

                やってないとか・・・。年取ると、やたらお寺参りをして、賽銭投げて、必死でお願いする。

                「どうぞ極楽へ行けますように・・・と」若いときよっぽど悪いことしたか!

                かくゆう私目も、仏さんに線香あげたりして・・・もう遅いちゅうネン!

                でもネ!できるだけエエことしよ思うてはおりますネン・・・ではまた

                 


                 


                欅の梢でセミが鳴く!真夏の風情か!騒音か!

                0

                   暑い!熱い!アツイ!ここしばらくは雨の予報はゼロ!!

                  ここハイムの夏野菜も何となく暑そう!長茄子や胡瓜を支える

                  のがしんどそうである。水をたっぷりやってくださいと、思わず

                  声を掛けたくなる。

                   8月!ハイム住人の家探し!なかなかママならず・・・

                  「帯にも短いし、襷にも短いし・・・」ナカナカねッ!

                  空き家!・・・大家族から核家族になってそして高齢化社会になって

                  子供は都会で小さなマイホームを持ち、親は田舎で歳を取り、そして

                  空き家となる。子供にとってみれば、育った家ではあるが、都会に持ち家が

                  あるし、仕事や学校の都合で今更田舎には帰れないし、親が住んでいた家の

                  処分も気持ちの上でできないし、さりとて、空き家となった(遺産)家の管理

                  をする余裕もないし・・・・こうして田舎の空き家が朽ちてくる。

                   田舎道で、車が入れないし、水洗便所でもないし・・・改造するには金が

                  かかるし・・・。自然がいっぱい!空気もうまいし、魚も野菜も新鮮で美味い!

                  人情もそこそこ熱い!こんなもんでは太刀打ちできんのやろかナア!

                  思わず老人の愚痴になってしもうた・・・76歳老人の暑さ呆け?!

                  ・・・老人の戯言・・・

                  「信用」これを得るのは永ーいことかかりますが、失うのは一瞬ですナア

                  お隣同士やから、できることなら喧嘩などせんと仲よう笑うて過ごしたい

                  わナア!いつまでも、いつまでも昔のことウジウジと蒸し返さんと

                  エエ加減にしいや!なんぼ腹立ったから言うてよその国の国旗焼いたり、

                  踏みつけたりしたらアカン!それこそあとでなんぼ謝っても取り返しが付かへんで!

                  飛行機でたったの1時間。海の向こうの人達よ・・・ではまた・・・

                   


                  半夏生 ハイムの茄子は伸び盛り 雨天過ぎれば炎天下!

                  0

                     7月に突入!梅雨が明ければ熱い夏が待っている。

                    ハイムの夏野菜は、順調に食べ頃を迎えています。居住者の皆さんの

                    食卓には、とれとれの自分で作った野菜が毎日乗っていることでしょう。

                    少なくとも昨年よりは、出来の良いものが乗っているかと・・・。

                    家庭菜園の楽しみは、つくる過程も楽しいけれど、自ら食する時が一番

                    喜びを感じるものです。年々上手になって出来栄えも良くなって、当然

                    味も良くなって・・・・なのにあと1年!土にも愛着を感じている方も

                    居られるかと・・・・・。この経験をできることなら、興居島で活かして

                    もらいたいと思っています。ガンは住居か!・・・空き家は多いんやけどナア!

                    空き家イコール住処とはならんのが今の状況!都会の賃貸住宅とは全く違う

                    からなア!・・・・若干の出費+生活条件の低下≦島の良さ・・・・となって

                    くれれば良いのだけれど・・・76歳大いに考え込む!

                    ・・・老人の戯言・・・

                    明日から静かな島も若干騒がしくなりそう!メッタに来られない方々が、

                    大声張り上げて手を振ってくれる!この時だけは、若いモンと同等の権利

                    が行使できる。ヨロヨロしながらでも投票所に行くことができるなら

                    大きな顔ができる。1人前!ということやな!そやけどネ!先生方!!

                    だからと言って、年寄りのことそんなに気にすることはないと思うのよネ!

                    若者が将来に希望が持てる世の中にしてほしいのよネ!そうなりゃー若者も

                    年寄りをチッター大事にしてくれるのではないかネエ・・・ではまた

                     

                     


                    梅雨入りやハイムの空も曇りけれ

                    0

                       今年も梅雨入りまじか!蒸し暑い日が続いています。

                      春のシーズンが終わり、夏のシーズンに突入!1年で言えば1/4が

                      過ぎたことになる。

                       ハイム3年目の方々は、残すところ3/4年の体験生活である。

                      興居島に残るか否か、悩んでおられるのであろうと、最近の言動のなかで

                      感じられるのです。2年チョットの体験の中から、島の「ええとこ」「悪いとこ」

                      はそれぞれ認識されていることと思われるが、今一つ「踏ん切り」がつかない

                      現状のようですネエ

                      新しい所へ住み替えるというのは、やはり勇気のいることなのでしょうかネエ

                      「悪いとこ」を気持ちの上でクリアーできないと、なかなか移住の決断はしにくい

                      ようです!住み慣れた所がなつかしい!・・・そうそう!

                       管理組合がどうする?!76歳の管理人は大いに悩んでいます。

                       昨年実施した春の収穫祭は居住者の皆さんの意見で、やらないことにしました。

                      そのことも寂しいといえば寂しいのですが、梅雨の間、管理人室に籠って考えて

                      みましょう。

                      ・・・老人の戯言を!・・・

                      まだ若き?現役の頃!老朽化した設備の寿命予測をし、効率的に再生化を図ると

                      いう考え方がありました。即ち、悪い部分のみ更新して、設備全体の若返り化を

                      図ろうというものです。それに要する費用と、今後稼ぎ出してくれるお金との

                      差引なのですが・・・。人間でいえば健康寿命の延長?

                      自らの体で、若返り化をはかろうとすれば、まずは衰えた脳!筋肉、硬いものが

                      噛めなくなった歯!小さな字が読めにくくなった眼、息切れがひどい心臓!

                      アカン!たくさんありすぎて、金がもたん!・・・大切に使おう!・・では又



                      logo

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      selected entries

                      archives

                      links

                      profile

                      書いた記事数:44 最後に更新した日:2020/02/06

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM